重曹とクエン酸で手作り入浴剤

入浴剤を手作りするなら、重曹とクエン酸

 

「バスタイムに入浴剤が欠かせない!」

 

っていう方多いですよね。

 

市販の入浴剤もいろいろあって楽しいけれど、安全性やコストを考えるとちょっと勿体ない気がしないでもない…。

 

そう思われている方は、思い切って「重曹」と「クエン酸」で入浴剤を手作りしちゃいましょう♪

 

重曹とクエン酸バスボムの作り方は簡単

 

この手作り入浴剤の作り方は至ってシンプルです!

 

重曹とクエン酸を購入したら、この2つを混ぜるだけ!

 

配分が気になりますよね…。

 

いろいろ調べたのですが「目安量」っていうのがないんです…。

 

・各300gずつを混ぜる
・お湯200リットルに対して重曹約40g
・お湯200リットルに対して重曹約30〜80g

 

…という風にいろいろです。

 

「多すぎるとお風呂や身体に何らかの影響があるのでは…?」

 

っていう点が心配ですよね。

 

そこで、重曹とクエン酸それぞれの特長についてまとめてみました。

 

手作り入浴剤に重曹を使ってみると…

 

お料理では「あく抜き」、お掃除では「研磨剤」としても活用できる万能な重曹ですが、入浴剤としてお風呂に入れることで、

 

「ほどよいピーリング作用」

 

が発生するんです。

 

つまり、重曹を入れたお湯に浸かるだけで、

 

「余分な皮脂・溜まった角質を優しく落としてくれる」

 

という女性に嬉しい美肌効果があるんですよ♪

 

年齢とともにターンオーバーが遅くなって、古い角質が溜まりがち…そんな方はぜひお試しくださいね!

 

でも「ピーリングってお肌に刺激がありそう」という気もしますよね。

 

ご安心ください♪

 

硬い水道水を滑らかまろやかにしてくれるのが重曹なんです!

 

お湯を柔らかくしてくれ、まさしく「アルカリ泉」が実現するので、家庭のお風呂が「美肌温泉」になっちゃうんです♪

 

保湿・保温効果も高まって、美容だけでなく健康メリットも大きいですよ。

 

手作り入浴剤にクエン酸を使ってみると…

 

続いて「クエン酸」ですが、さきほどの「重曹」だけでも軽い「炭酸泉」になるのですが、さらなるシュワシュワの入浴剤を実現してくれるのがこちらです。

 

炭酸入浴って「血行を促進してくれる」ということから、美容・健康面両方で入浴剤も人気ですよね。

 

実際、市販の炭酸入浴剤でも「湯冷めしにくい」って実感、あなたにもあるはずです。

 

産毛にびっしりと泡が付着するくらいの炭酸入浴剤を手作りしたい場合には、このクエン酸を多めに入れると良いですよ♪

 

お風呂掃除も楽々に♪

 

「重曹」と「クエン酸」のたった2つの材料で手作りできる入浴剤ですが、まだまだメリットがあるんです。

 

それは「お風呂掃除が楽になる」ということ♪

 

お掃除で大活躍してくれる重曹が、自然とお風呂をキレイにしてくれる、ということですね!

 

でも…

 

「掃除用に使うもの、身体に使うって抵抗ある…」

 

という声も聞こえてきそう。

 

身体に使用しても安心できる「天然」「食用」を狙いましょう!

 

もちろんドラッグストアーや100円ショップなどで販売している重曹などは「お掃除用」というものもありますね。

 

さすがにこれは抵抗ある!

 

お肌への優しさや安全性をより一層高めるのなら、

 

・天然重曹
・食用クエン酸

 

を選ぶようにしましょうね♪

 

ちなみにどちらも揃っているのがこちらのショップです(→アースコンシャス

 

卸問屋さんですが、入浴剤として今話題の「エプソムソルト」も大々的に販売しています。

 

エプソムソルトもそうなんですが、重曹もクエン酸も格安で安全性はすこぶる高い!

 

純度・添加物・防腐剤など、どれをとっても優良ショップ。

 

注目されている「エプソムソルト」と混ぜると、一層の美容効果もありますよ♪

 

材料をブレンドしても、入浴剤としての1回あたりのコストは非常に安くなっちゃいます。

 

ふんだんな添加物配合の市販の高い入浴剤を買うよりも、手作りでこんな手軽な材料で、安心・満足の入浴剤ができまちゃうんです♪

 

エッセンシャルオイルがあれば、数滴垂らすだけで贅沢なアロマバスにも仕上がります♪

 

ぜひ手作り入浴剤での優雅なバスタイムを、あなたも楽しんでくださいね!

いちばん人気のエプソムソルト!



関連ページ

エプソムソルトをパワーアップ!オススメのアイテムはコレ
エプソムソルトをパワーアップさせるためにオススメのアイテムはコレ!よりいっそうエプソムソルトの効果を引き出すなら!