エプソムソルトのパワーアップアレンジ

エプソムソルトに混ぜるなら…オススメの入浴剤基剤

「話題になっているエプソムソルトを試しているけど、噂ほどの満足感が得られない…」

 

という方もいらっしゃるのでは?と思います。

 

実際私もすぐに飛びつきました「エプソムソルト」

 

でも、

 

  • 普段保湿系の入浴剤を使用していたので保湿力が物足りない
  • アロマ系の香りがないと気分が盛り上がらない

 

といった物足りなさがありました…。

 

でもエプソムソルトって便利ですね♪

 

無色透明・無味無臭なだけに、何を混ぜるにしてもしっくりくるんです!

 

そこで私のオススメ入浴剤基剤、ぜひエプソムソルトにブレンドして、バスタイムをより楽しんでみてくださいね♪

 

エプソムソルトオススメのアレンジ

 

 

乾燥肌だから重曹は欠かせない!

エプソムソルトと同時に購入したのが「重曹」でした。

 

内モンゴル産の天然重曹ですが、美肌の湯ということでいろんなものと混ぜることで手作り入浴剤を楽しんでいる、という方も多い

 

「入浴剤基剤としては基本中の基本」

 

とも言うべきアイテムです。

 

エプソムソルトでもお湯だけの場合より柔らかな感触になりますが、重曹を混ぜることでよりトロミが増して温泉気分が高まります♪

 

後のお風呂掃除が楽、というメリットもありますよ!

 

実際、浴槽に貯めるお湯ってだいたいいつも一緒ですよね。

 

だからお湯いっぱいのラインに沿って「黒ずみが付着する」っていうことありませんか?

 

重曹を入れているうちに、これが徐々に取り去られて、キレイなツルぴかバスタブになるんです♪

 

アトピー肌にも良いっていいますね!

 

お肌状態が気になる方は、ぜひ重曹を混ぜてお試しくださいね。

 

岩塩を混ぜてよりしっとりなツルツル肌に

 

だけど相当な乾燥肌の方なら、重曹を混ぜるだけでは頼りない場合もありますよ。

 

そんな方は「岩塩バスソルト」をお試しくださいね。

 

私が使用しているのは「メレンゲの気持ち」でエプソムソルトが紹介された「アースコンシャス」さん販売の「ヒマラヤ岩塩ピンクソルト」です。

 

こちらも無添加。

 

エプソムソルトと違って塩分を含んでいるので、浸透圧によってさらに早い発汗を促してくれるんです。

 

そして

 

「膜を張って肌を保護してくれる」

 

という効果もあるので、乾燥肌の方にとっては皮膚からの水分蒸散を防いで保湿力を高めてくれることになるんです。

 

香りも楽しみたい!エッセンシャルオイルは欲しいけど、手元になければこんな商品も

 

重曹や岩塩バスソルトを混ぜることでお湯の感触が変わるだけでもテンションは高まりますね!

 

でもやっぱり

 

「リラクゼーションのために香りが欲しい…」

 

と思うようになるはずです。

 

特にこれまでご紹介した「エプソムソルト」「重曹」「岩塩バスソルト」にはどれも香りがついていないので、

 

「もっと長く入浴したいけど楽しむ術がない…」

 

という事態に陥るはずです。

 

そう、エッセンシャルオイルは欠かせないアイテムです!

 

これらの入浴剤基剤と混ぜる場合には、2〜5滴くらいが適量です。

 

でもエッセンシャルオイルを持っていない場合…(安いので買った方が得かと思いますが…)

 

「アロマ・エプソムソルト」

 

というアイテムもあるんです♪

 

こちらはエプソムソルトにエッセンシャルオイル5〜6種をブレンドしたものとなっています。

 

アースコンシャスさんでは3つの香りから選べるので、1袋常備しておくと「足湯」を楽しむにも効果的です。

 

アロマ・エプソムソルトについては体験談もご参照くださいね♪

 

エプソムソルトって単品でも十分色んな効果が期待できますが、

 

「もっと楽しみたい!もっとこんな効果が欲しい!」

 

っていう場合でも、基剤としていろんなものと混ぜることができますよ。

いちばん人気のエプソムソルト!



関連ページ

重曹とクエン酸で超カンタン!手作り入浴剤の基本はコレ
重曹とクエン酸で作る手作り入浴剤のレシピをご紹介。超・カンタンなので是非試してくださいね♪